初心者のファスティング

ファスティング初心者のための効果的なやり方とは!

ファスティングとは?

ファスティングとは日本語に訳すと「断食」です。
断食は字が示すとおり食を断つことです。

ファスティングは昔から、精神的な修行の一つとして行われていましたが、
近年では健康、美容、エイジングケアなどとして、欧米では注目を浴びるようになりました。

ファスティングは、一定の期間固形物を摂取しないことで消化機能を休ませ、
体をリセットすることを目的としており、健康寿命を伸ばすための新しいライフスタイルの新習慣です。

ファスティングによる空腹で「生命力」が高まる

初心者のためのファスティング

人間は食べなければ、生きていくことができません。
しかし、ある程度の期間は食べなくても、生きていられるように体が設計されています。

古来、飢餓や気候変動により「食事にありつけない」状況は、人類史上で度々起こっており、
飢餓に対する強さ、いわば「断食力」を身につけていました。
地球上の生物にとって空腹こそが日常で、満腹が非日常ともいえます。

あえて空腹状態にすることにはメリットがあります。

生命の危機を感じるほどのストレスがあると、
細胞内で身を守るためのヒートショックプロテイン/ストレスタンパク質(HSP)が多く作られるようになります。

HSPの働きにより、不要な生体タンパク質を処理し、機能を正常化することで生命力を高めてくれます。

●ヒートショックプロテインの働き
1.タンパク質を正常化→ストレスに強い体になる
2.タンパク質を運び入れる→免疫力がアップする
3.不要なタンパク質を処理→美肌効果シミ・シワを予防

ファスティングの目的ってなに?

ファスティング初心者のための効果的なやり方

ファスティング(断食)の最大の目的は体の不要物を断つこと、つまりデトックス(排毒)です。

健康のために「何を食べるか」のではなく、「食べない時間を増やす」ことが大切です。

ファスティングをすることで、体内に溜まった老廃物や毒素を排毒してくれます。

 

ファスティングにはどんな効果があるの?

ファスティング初心者のための効果的なやり方

ファスティングをすることで、内臓の消化吸収機能を休ませます。
内臓が休むことで、老廃物を排出ために働くことができます。

体内に溜まってる水分や毒素が排出されやすい状態になり、
お通じがよくなったり、肌もきれいになったりします。

また定期的にファスティングをすることで、このような効果も期待できます。

・体の中の炎症を抑える
・からだの老化物質を取り除く
・アルツハイマーの原因のベーターアミロイドをとる

細胞が飢餓状態になるとオートファジーが作用して、
古くなったり壊れた細胞やミトコンドリアが新しく生まれかわることで、
病気を遠ざけて、老化の進行を食い止めてくれます。

サプリなどで、栄養を入れる健康法も大切ですが、まずは、体から出すことを意識する健康法が大切です。

ファスティングの注意点

・糖分不足のため、力が抜ける感じで眠くなったりします。

・白湯を飲んだり奇跡の塩を舐めても、強い頭痛やひどかったり吐き気がある場合

日頃、甘い物をよく食べている人は、頭痛や吐き気がでやすい傾向があったり、
低血糖症になる場合があります。
その時は、多目に野草酵素エールフローラを食べたり、玄米あまざけなどで糖分を補給して下さい。
絶対に無理せず、やめる決断も必要です。

半日断食ファスティング「16時間断食」

ノーベル賞のオートファージ―研究から生まれた16時間空腹健康法です。

医学博士の青木厚先生の著書『「空腹」こそ最強のクスリ(アスコム)』で有名になりました。

1日3食食べていると、内臓は十分に休むことができず、
常に消化活動をしなければならなくなり、どんどん疲弊し胃腸の働きが鈍くなります。

プチ断食として16時間「空腹の時間」を作ることで、
空腹感を感じオートファジーが働き出します。

オートファジーとは、細胞内の古くなったタンパク質が除去され、
新しいものに作り変えられるという仕組みです。

その不要なものを材料に新たなタンパク質を作って、
細胞がどんどん生まれ変わっていくので肌つやもよくなり、体内からアンチエイジングの効果が得られます。

オートファジーは、最後にものを食べてから16時間経過しなければ活性化しません

夕食を20:00までにすませ、翌日の朝食は食べずに12:00の昼食を食べると楽に16時間過ごせます。

これを毎日することで、どんどんオートファジーを活性化して下さい。

 

なぜ新月・満月ファスティングをすすめるのか?

なぜ「新月」と「満月」の時にファスティングをおすすめするのか?

・無理のないファスティングをするため
・月のリズムを意識することで自然のリズムと共鳴するため
・定期的に内臓をやすめるため

●新月…デトックス作用が最も高まる日
浄化・解毒・排泄・発汗・洗浄・発散など、デトックス作用が働きます。

●満月…吸収力・修復力が最も働く日
消化・吸収・補給・修復・充電といった力が強化されます。

体は月から影響を受けている?

ファスティング初心者のための効果的なやり方

体の臓器や部位には、月偏が多く使われています。

脳・肺・肝・腎・胃・腸・膵・脾・胆、腹、肌、膝、胸、腕、脚、胴、臓
など

元々は肉→月に変わったそうです。

しかし、月偏を使っているには何か理由がありそうですね。

・お肌のターンオーバーは約28日
・月経周期に合わせて、お肌の状態や心のバランスも変化する
生理のサイクルと月の満ち欠けがシンクロ
・新月や満月の日に出産が多い
・「ツキがある」と運が良くなる

身体が月と同じリズムを持ち、サイクルが似ているのは、
やはり月の影響を受けているからでしょう。

月のリズムに合わせてファスティングすることで、
自然界との調和が取れやすくなりココロもカラダも快適な状態を保つことができます。

初心者のための「ときどき断食」ファスティングプログラム

いやしの村では、新月・満月のエネルギーを受けながら
月に2回のファスティングをご提案しております。

●新月と満月の日のファスティング方法

1.新月と満月の前後に、「まごわやさしいは」を中心にした準備食と回復食ががおすすめ
2.3時間ごとを目安に「野草酵素エールフローラ」を1包づつ食べる(5本)
3.その合間に玄米甘酒を50ml飲む(計4回)
4.1日1L~2Lの水分補給を(温かいもの)
5.頭痛があるなら奇跡の塩を舐め白湯を飲む
6.頭痛と吐き気が強くなったら、酵素や甘酒を飲んで糖分を摂取

【準備するもの】
野草酵素エールフローラ
玄米あまざけ
奇跡の塩
奇跡の水(2L)またはルイボスティ

●過ごす時間の目安
食べなくても過ごせるなら自由です。
8:00エールフローラ
~ 玄米甘酒
11:00エールフローラ
~ 玄米甘酒
14:00エールフローラ
~ 玄米甘酒
17:00エールフローラ
~ 玄米甘酒
20:00エールフローラ

 

いやしの村では、新月・満月のどちらかの日にファスティングを体験していただきたいという思いから
ファスティング1回分+半日断食1回分をセットにした「ときどき断食セット(1回分)」をご紹介しています。

 

ファスティング中の過ごし方

・1日1L~2Lの水分補給をしてください。
白湯や温かいルイボスティを飲むのがおすすめです。

・空腹感を強く感じたとき
奇跡の塩を舐めながら、白湯かルイボスティを飲んで下さい
野草酵素エールフローラや玄米あまざけを多目に食べてもOKです。

・たまに、奇跡の塩でミネラル補給
頭痛がある場合に奇跡の塩を舐め、白湯やルイボスティを飲んでください。

・ファスティング中の運動は大丈夫?
ファスティング中のヨガやストレッチ、ウォーキングなどの軽い運動も全く問題ありません。

初心者のファスティング
最新情報をチェックしよう!