体の水分が不足すると疲れやすいのは「隠れ脱水」かも

体の水分が不足すると疲れやすいのは「隠れ脱水」かも!

水分の不足による疲れはなぜ起こる?

水分不足による疲れ

規則正しい生活や食事をしているにも関わらず、夏になると「疲れやすい」「なんかダルい」「暑さに耐えられない」という方はいませんか?
もしかするとその原因は体の水分不足。体内からの注意信号かもしれません。

体の水分は、血液の一部として老廃物を排出したり栄養を運んだりと、体内機能を調整する大切なものです。血中の水分が不足し血流が悪くなると、めぐりが悪くなり、酸素や栄養が細胞に届きにくくなり、疲れやすくなったり、体がダルくなります。

水分補給はとても大切

体の水分が不足すると疲れやすいのは「隠れ脱水」かも

摂取した水分とほぼ同量が、呼吸や汗、排泄などで排出されてしまうので、こまめに水分補給をすることがとても大切です。

寝ているときの寝汗の量

私たちは寝ている間に、コップ1杯分くらいの汗をかくといわれています。
コップ1杯は約180~200mlになり、真夏の熱帯夜には約400~600mlの汗をかいているそうです。

 

水分補給のタイミングの目安

朝起きてすぐ、朝食時、10時、昼食時、15時、夕食時、入浴後、就寝前に、コップ1杯ほど(150~250ml)が理想です。

特に睡眠中や入浴の時は、発汗や呼吸など水分が不足するため、
朝起きてすぐと入浴後にコップ2杯程水を飲むようにしましょう。

天然塩と一緒に水分補給

また、水分と一緒に天然塩も摂取することをおすすめします。

約1年間天日干しした天然塩 >>> 奇跡の塩80g

天然塩の奇跡の塩

水分不足の補給にベストな飲み物は、日本人にとって手軽で身近な「お茶」がいい。

水分不足にお茶

こまめに水分補給をするなら、いろいろなお茶を飲んでみてはいかがでしょうか。
お茶は美味しいだけではなく、ミネラルも豊富でカテキンやビタミンC、クロロフィルなど、夏の健康や美容にうれしい成分が含まれています。
いやしの村わくわくショップでお取り扱いしている向島園の3種類のお茶で「水出し茶」を作ってみたのでご紹介します。

無農薬オーガニックのお茶で水分補給しよう

静岡県の向島園さんが作るお茶は無農薬です。

安心・安全なお茶で作る「水出し茶」を手軽に飲みませんか。

お茶は、ミネラルも豊富なので元気な体へとサポートしてくれます。

簡単・水出し茶の作り方

水出し茶の作り方
水出し茶の作り方

1.1リットの水を準備

2.不織布に茶葉を約5gを入れます。
(水1リットルに対して、茶葉約5gを目安にお好みに合わせて増やして下さい)

3.冷蔵庫または常温で約12時間置きます。
(寝る前に仕込んでおくと、翌朝できているので時短できます)

向島園さんには、特徴のあるお茶が多くあります。
その中でも定番の美味しいお茶をご紹介しますね。

向島園 香棒ほうじ茶(80g)

向島園・香棒ほうじ茶

農薬、化学肥料を使用しない向島園のお茶は、一番茶の茎だけを使いマイルドな口あたりに焙じた、高級ほうじ茶「香棒ほうじ茶」

向島園 煎茶

向島園・煎茶

向島園の煎茶は無農薬・無化学肥料で栽培され、
野生味の中にも香り高くほのかな甘味を含んだおいしいお茶です。

向島園 極上 三年番茶

向島園・極上三年番茶

皆様が普段ご愛飲される一番茶は、タンニンやカフェインが多く含まれています。
ところが、一番茶に比べてタンニンやカフェインが少ない番茶は、三年間熟成している間に、
タンニンやカフェインがさらに抜けてやさしいお茶になります。
極上三年番茶

ペットボトルに入れるだけ!簡単に水分不足を解消するスティックタイプの「粉末緑茶」

出先のコンビニやスーパーでペットボトルのお茶を買うことは多くないでしょうか。
たくさんの種類のお茶が売られていますが、安心・安全な飲み物か不安ですよね。

向島園の「粉末緑茶」は、無農薬でスティックタイプだから、手軽に持ち運びもでき、オフィスや出先などでペットボトルの水に入れるだけで便利です。

向島園・粉末緑茶

茶葉を粉末にすることで、緑茶の有効成分をまるごと摂取できるのです。

急須でお茶を入れると茶殻が残りますが、実は茶殻に体に良い有効成分が入っているんです。

・お湯に溶け出す成分(水溶性成分)30%
・お茶殻に残っている成分(不溶性成分)70%

500mlのお水(ペットボトルが便利です)に、粉末緑茶3本を入れ、シャカシャカ振って溶かすだけ。無農薬で栄養豊富なお茶を丸ごと召し上がることができます。

向島園 粉末緑茶

向島園・粉末緑茶

無農薬・無化学肥料の向島園のお茶に粉末茶が加わりました!
気軽に飲める粉末タイプのお茶です。
向島園の粉末緑茶は、水やお湯に溶かして飲むだけで、すべての栄養分を取り入れることができます。

向島園 粉末玄米茶

向島園・粉末玄米茶

無農薬・無化学肥料の向島園のお茶に粉末茶が加わりました!
玄米茶の香ばしい飲み口で、美味しくいただけます。
粉末玄米茶は、水やお湯に溶かして飲むだけで、すべての栄養分を取り入れることができます。

向島園・まるごと番茶粉末茶(40g)

向島園・まるごと番茶粉末茶
お茶が一年で最も多く栄養素を含む秋に収穫した番茶を
まるごと粉末にしたのが「まるごと番茶粉末茶」です。

お茶の樹は、夏に太陽をたっぷり浴びて光合成することで、葉っぱにたくさんの栄養を蓄えます。
夏から秋にかけて熟した葉は、ミネラル豊富で力強い野生の味がします。

奇跡の水「ミラクルアクア」

奇跡の水・ミラクルアクア

食事では摂取できない60種類以上の天然ミネラルが補給できる水に、
宇宙創造と同じコンセプトである「喜び」のエネルギーを入れて、
誕生したのが『ミラクルアクア』です。

じっくり抽出し茶葉を味わう『氷出し茶』

じっくり抽出し茶葉を味わう『氷出し茶』

夏にオススメの飲み方をもう一つご紹介します。

向島園「煎茶」を使った『氷出し茶』
向島園・煎茶

氷出しという方法は、その名の通り、溶けた氷の雫で、お茶の甘味をじっくり抽出する方法です。
溶けた氷の雫一滴一滴でじっくり抽出するので時間は少しかかりますが、抽出された甘味は、熱いお湯で淹れる以上に感じることができますよ。

〈作り方〉
1. 冷水ポットや急須の底に茶葉を広げて敷き詰めてから、容器が一杯になるまで氷をたっぷり入れます。
2. そのまま手を触れずに、常温で3~4時間おいておきます。
3. 氷が完全にとけたら、容器を軽く混ぜます。抽出されて底の部分にしずんでいたお茶のエキスが混ざって、きれいな緑色になれば完成です。

体のために夏のホットドリンクはいかが?

ホットのお茶

暑い日に冷たいドリンクを「クッ!」と飲むのも気持ちいいですが、夏にホットドリンクを選ばれる方も多く、女性の約6割以上は常温以上の温かいドリンクを飲むそうです。

実は夏バテの原因は、涼をとりすぎたために起こった体内(内臓)の冷えからくることが原因だと言われています。
クーラーのきいた部屋に長時間いたり、冷たいものばかりを飲んだり食べたりすると、体内(内臓)が冷え切り、体内の毒素が排出しにくくなるのです。

温かなもので体内(内臓)をさらに温めて、発汗を促進させることにより、体内にたまった熱を放出します。その結果、体温が下がり、夏バテをしのぎやすくなるのです。
夏でも「温活」はとても大切ですね。

いやしの村わくわくショップでお取り扱いしている向島園のお茶は「アイス」でも「ホット」でも美味しくいただけるものばかりです!ぜひこの夏の水分補給に、両方の飲み方をお試しになってみてくださいね。

 

体の水分が不足すると疲れやすいのは「隠れ脱水」かも
最新情報をチェックしよう!