13の月の暦の使い方

13の月の暦3ステップで初心者でも効果的な使い方

13の月の暦(マヤ暦)の使い方が分からないという方に、
簡単で効果的に13の月の暦が使える3ステップをご紹介しますね。

13の月の暦の元旦は7月26日スタートです。

今年一年を改めて心機一転で再スタートするには、
13の月の暦はもってこいです。

13の月の暦は、学べば深いのですが、
暦の日付だけでも意識すると、いろいろな変化がお起きてきます。

できるだけハードルを低くして
手軽に13の月の暦を続けられることが大切です。

時間って伸び縮みするってホント?

時間って、延びたり縮んだりするってご存じですか?

時間が延びるぅ~?って、なんじゃそりゃ、って感じですよね。

同じ1時間を過ごしても、全く違うリズムを奏でています。

楽しいことは → 時間が短く感じる

楽しくないと → 時間が長く感じる

このリズム(時間)の積み重ねが、暦になります。

 

13の月の暦は、宇宙のリズムともいわれており、
マヤカレンダーには、毎日のキーワードもあります。

このキーワードを毎日見るだけでも
何だか楽しくなっちゃうんです。

その日の宇宙のリズムを意識し、自分に取り入れることで、
シンクロニシティが起きやすくなります。

13の月の暦がシンクロニシティを引き寄せる

 

13の月の暦を使うことで、潜在的に新しい時間のリズムを感じることで、
使った人にとって、いろいろなサポートを受け、善きことを引き寄せてくれます。

 

13の月の暦を使った人の体験
・シンクロニシティ(共時性)が起きやすい
・気づきが多くなる
・つながりを感じる
・一体感を感じる
・さまざまな発見が起きる
・毎日が楽しくなる

 

その日のキーワードを意識し、宇宙のリズムを、自分に取り入れることで、
いろいろな事が起きるかも知れません。

 

シンクロニシティとは

シンクロニシティは、ユングが提唱した概念で「意味のある偶然の一致」です。
日本で言う「虫の知らせ」みたいなものです。

「偶然のようで必然的な出来事」とでもいいましょうか、

チョット思っていたことが、勝手に向こうから、やってきちゃうんです。

 

13の月の暦の「使い方」3ステップで効果抜群!

13の月の暦の使い方

13の月の暦の使い方を、「超簡単3つのステップ」で実践してみましょう。

<ステップ1>

今日は、13の月の暦での「●月●日」になるかを確認する

「あぁー、今日はマヤ暦では●月●日なんだぁー」と意識する。

(13の月の暦カレンダーをトイレに置いておくと、毎日必ず見れます)

<ステップ2>

カレンダーに書いてある、その日の「キーワード」を意識する

<ステップ3>

そのキーワードを使って、直感的に今日の日の自分へのメッセージを作る。

 

13の月の暦(マヤ暦)の簡単3ステップ効果的な使い方

  • 1.マヤの月日を確認する
  • 2.その日のキーワード意識する
  • 3.そのキーワードを使ってメッセージを作る

こんな感じで、簡単3ステップで、マヤ暦13の月の暦を使ってください。

 

ちなみに、ステップ1だけでも、体内リズムが整って

・生理痛や生理不順が改善(28日周期)
・ふと思った友達から、久しぶりに電話が!(シンクロニシティ)
・どんどん自分にとっていい流れになる(宇宙の波)

などの体験もありました。

 

13の月の暦・マヤ暦とは

「13の月の暦」のカレンダーは、
1ヶ月が28日間のカレンダーで、1年を13か月としたものです。

全部で364日+時間を外した日で365日になります。

13の月の暦とは、1000年以上前から16世紀ぐらいまで
中南米で繁栄していた「マヤ文明」の思想を取り入れたカレンダーです。

 

28日周期といえば

「皮膚の再生」「女性の生理」などの新陳代謝もそうです。
感情の起伏をあらわす感情リズムも28日周期です。

私たちは、宇宙のリズムは自然の摂理に影響されおり、
その自然から私たちは生かされています。

生理痛や生理不順の方が、
毎日、13の月の暦を眺めているだけでよくなった!と喜ばれていました。

暦を変えることで、時間の感じ方が変わり、さまざまな変化を感じることができます。
いろいろシンクロニシティがあったり、直感力が増したという声も多く聞かれます。

 

グリゴリオ暦と13の月の暦・マヤ暦との違いとは

私たちには、体内時計というものがあります。
体の中に時計があり、朝になると目が覚めるように体に指示を与えています。

この時計を、体内時計といいます。

眠気のほか、体温やホルモンの分泌など、さまざまな生理現象が
体内時計にコントロールされて昼夜変動を繰り返しています。

 

「1日のリズム」と「1年のリズム」を意識したことありますか?

1日24時間を体内リズムでバランスをとっています。

では、1年間のリズムって、何を意識して
体が判断しているかご存知ですか?

それは、私たちが日ごろ使っているグレゴリオ暦です。

世界標準の暦です。

日本がグレゴリオ暦を導入したのは、
実は最近で、明治時代から使用されています。

1872年(明治5年)に、従来の太陽太陰暦を廃して
翌1873年(明治6年)から太陽暦を採用することが布告されました。
その前は、旧暦(太陰太陽暦)を使っており、日本では1000年以上
中国では3000年以上使われていたそうです。
グレゴリオ暦には、メリットとデメリットがあります。
グレゴリオ暦で、世界標準の暦があることで、
世界中で貿易などがやりやすくなりました。
しかし、自然とかけ離れたリズムを使っていることで、
私たちと自然との意識がかけ離れてしまいました。

 

13の月の暦を使うだけで、自然のリズムで生活できます。

ぜひ、13の月の暦を使ってみてはいかがでしょうか?

13の月の暦のスタートは毎年7月26日です。

「13の月の暦・簡単3ステップで効果的な使い方」はこちらから

 

13の月の暦(マヤ暦)手帳・カレンダーの通販

13の月の暦手帳の使い方 13の月の暦手帳の使い方 13の月の暦手帳の使い方 13の月の暦手帳の使い方

 

 

13の月の暦カレンダーの使い方

 

 

13の月の暦カレンダーの使い方

 

ぜひマヤ暦(13の月の暦)で宇宙のリズムを楽しんでみてくださいね。

13の月の暦の使い方
最新情報をチェックしよう!