春のトラブル乾燥肌

春のお肌が乾燥しやすい理由は抵抗力が原因?

春は、お肌が敏感になりやすい季節です。
お肌が荒れるとポツポツが出たり、お肌がごわつきやすくなったり
かゆみが出てきたりしませんか?

あなたのお肌の抵抗力が、低くなっているかもしれません。
季節の変わり目こそ、しっかり保湿が必要です

春のお肌は冬の間の乾燥ダメージの蓄積により、肌表面のバリア機能や保湿機能が低下し、肌荒れや乾燥による小じわなどが目立ちます。
また、この時期は寒暖差が大きいため、その変化に対応しようとお肌が頑張ってしまうので、スキンケアがとても大事なのです。

春にお肌の抵抗力が弱まる4つの原因

1.気温差と空気の乾燥

肌トラブルは気温差と空気の乾燥

春は日によって寒暖の差が激しい時期です。
また、朝と晩の気温差も大きく、その変化にお肌がついていけずにトラブルを引き起こしてしまいます。
また、春にやってくる移動性の高気圧は乾いた空気を持っており、冬よりも気温が上がって空気中の水分が蒸発しやすくなります。そのため、冬と同レベルで空気が乾燥しやすい状態になっているのです。

2.紫外線の急増

肌トラブルは紫外線の急増

3月頃から紫外線の量が急激に増え始めます。
さらに、お肌のハリや弾力のもととなる細胞を破壊したり、メラニンを増やしてシミの原因を作ったりする紫外線A波は、春が1年のうちで最も強いとも言われています。

3.環境の変化によるストレス

肌トラブルは環境の変化によるストレス

転勤や進学、部署異動など、春は環境の変化の多い時期。
慣れない環境でストレスも溜まり、このストレスがホルモンや自律神経を乱れさせ、お肌のトラブルを起こすのです。

4.花粉による外部からの刺激

肌トラブルは花粉による外部からの刺激

春には花粉の飛散量が増えます。
くしゃみや目のかゆみなど、花粉症の方にとっては辛い時期ですが、お肌の上でも同じことが起きているのです。
花粉によるアレルギー反応として、かゆみや乾燥などの肌トラブルが起こります。

6つ成分の「和漢エキス」が、お肌のトラブルに働きかける

和漢植物エキスとは・・・

昔からハーブや薬草は、ケガの治療や病気を治すことに使われてきました。
それは、ハーブや薬草には炎症を鎮め、細菌が繁殖するのを防ぐ効果があるためです。

ニキビ、しみ、そばかす、日焼け・・・・これらの肌トラブルは、結果として、すべてお肌の「炎症反応」が原因となって起こってきます。

美容保湿ゲル「エンジェルノア」には、和漢植物エキスが配合されているので、
肌トラブルの原因である肌の炎症を抑え改善をサポートしてくれます。

和漢植物エキス配合の保湿ゲル「エンジェルノア」の3つの特徴

注目していただきたいのが保湿・整肌作用のある3つの成分が配合されていることです。
抵抗力が弱まっている春の肌にピッタリの保湿ゲルです。

6種類の和漢植物エキス配合でしっかり保湿

肌のキメを整えて、乾燥から守ってくれる「シソエキス」
保湿効果の高い「アロエベラエキス」を配合
お肌を潤いへと導いてくれます。

美白効果で透明感のある肌へ

配合成分の「甘草」に含まれるグラブリジンには美白効果があり、抗酸化作用もあるので紫外線などのダメージを軽減します。
また抗菌作用で肌荒れも改善してくれます

メラニン色素を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれる

紫外線により活発になったメラニン色素を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれる和漢方植物エキスの「マグワ根皮エキス」
活性酸素を除去する働きでメラニン色素の働きを防ぎ、シミ・シワのないお肌へ促す「オウゴンエキス」を配合しています

スキンケアのプロセス

スキンケアのプロセス

エンジェルノアは洗顔後、化粧水でお肌を整えた後に使用します。
肌の角質の水分が逃げないように保護する「蓋」のような役目をしてくれます。

まずは洗顔後、化粧水を肌にしっかりと浸透させます。
化粧水が肌になじんだ後で、且つ、お肌に水分が少し残っている状態で、エンジェルノアをつけるのがベストです。
(化粧水のなじみ方によりますが、化粧水をつけた2~3分後が目安です)

※化粧水で肌がびしょびしょの状態でエンジェルノアをつけると、濃度も低くなります。
その結果、塗り方にムラができたり、保湿機能そのものが低下したりするので要注意です!

和漢エキス保湿ゲル・エンジェルノアの使い方・ぬり方

  1. 500円玉くらいを手のひらに出します
  2. 指でとり、額・鼻・両頬・あごの4か所にのせます
  3. 全4か所にエンジェルノアをのせたら、ゆっくりと顔全体に伸ばしていきます

時短のために、手のひらにたくさん出して、手のひらを擦り合わせて伸ばした後、ゴシゴシと保湿クリームを塗っていませんか??

やりがちな行為ですが、洗顔後の肌はとってもデリケートな状態なので、擦り込んでも肌に浸透するわけではありません。
逆に、肌を傷つけてしまい、トラブルを起こすことがあります。
とにかく優しくゆっくり伸ばしてください。

また、体温で温めることで肌なじみが良くなるので、仕上げに手のひらと指で顔全体を包み込むように軽くおさえると良いですよ。

そして最後は、首まで伸ばしてあげましょう。
首に一度シワができると取れないと言われるほど、首は皮脂が少ないがゆえに、乾燥しやすく、老化もしやすいんです。
顔のついでにケアできることなので、毎日のスキンケアの最後に取り入れることをオススメします。

【応用編】エンジェルノアで部分コットンパックをしてみよう

和漢方エキス保湿ゲル

洗顔後、化粧水を肌になじませて、肌を整えた後にパックをします。

  1. コットンを水でヒタヒタになるまで湿らせ、軽く絞ります。
  2. 水分を絞ったコットンを広げ、今度はエンジェルノアを含ませます。
    (コットンの大きさによって使用量を調節してください)
  3. ノアを含ませたコットンを適当な大きさに切り、額、目じり、口元などに貼り付け、2~3分ほどしたらはがします。

パックの後に、さらに顔全体にエンジェルノアを塗ることで、さらに潤いを保つことができます。

 

春のトラブル乾燥肌
最新情報をチェックしよう!

コスメの最新記事8件