ホワイト量子エネルギー地球の地磁気エネルギー

超微振動が生命を活性化-ホワイト量子エネルギー

ホワイト量子エネルギー「たまゆら」は、齋藤秀彦さんが開発された超微振動のホワイト量子エネルギー発振器が設置されています。超微振動というと、テラヘルツ波や素粒子の世界です。

齋藤秀彦先生がおっしゃるには、体調が悪いのは、体のもつ振動にひずみがあるからだそうです。
そのひずみを調整してくれるのが「ホワイト量子エネルギー」です。

ホワイト量子エネルギー

 

天と地の2つの大きなエネルギーの影響

地球にいる全生命は、

・宇宙のゆらぎ
・太陽光線の恵み
・地球地震の磁場や鉱物のエネルギー

これらが、固有に振動しながら私たちに影響をあたえ健康を保っています。
この世の中の人やものは、素粒子といわれる粒子と振動から作られています。

齋藤先生によると、わたしたちは常に天と地の2つの大きなエネルギーの影響を受けているそうです。

一つは、「地球の地磁気エネルギー」
もう一つは、「太陽光エネルギー」です。

 

ホワイト量子エネルギー太陽光

 

この2つのエネルギーを、効率よく取り入れることで、体の原子核(陽子と中性子)のひずみが整い、細胞が活性します。体の不調や問題の原因が「原子核のゆがみ」によるエネルギー不足にあるそうです。
ホワイト量子エネルギーから出ている超微振動エネルギーは、原子核に働きかけ調整をしてくれます。

宇宙、太陽、地球、という天地のエネルギーをすべて融合し発振し、細胞の原子核に届け正常に戻してあげると歪みが調整され、人間の本来持っている能力が高まり元気になれます。

ホワイト量子エネルギー勾玉・たまゆらを付けた方の体験

 

最近、眠れなくて、なかなか疲れがとれなかった。朝起きると首コリもある状態でした。「まがたま」を付けて寝ると、よく寝られるようになり朝も、楽に起きられてスッキリしています。ぜんぜん、体が楽です。

耳鳴りする日があったけど、「まがたま」を付けたら耳鳴りがなかった。
必ず夜中2時とか3時にトイレに起きるけど、朝までグッスリ寝れて目覚めもスッキリ。

 

こめかみに、ホワイト量子エネルギー「まがたま」を付けると眼が明るくなって、楽になって、ふと、外見ると、緑色がめっちゃ綺麗だった

 

ホワイト量子エネルギーの素粒子

 

体験や体感は人それぞれですが微振動によって、カラダのひずみを、徐々に調整してくれます。

振動とは波動であり、私たちの想いや想念も素粒子と言われる超微振動です。
「地球の地磁気エネルギー」と「太陽光エネルギー」の超微振動を効率的に取り込めるのが、ホワイトエネルギー勾玉「たまゆら」です。

ホワイト量子エネルギーは他分野でも活躍に期待!

齋藤秀彦さんが開発された、ホワイト量子エネルギーは、いろいろな分野でも活用されています。

例えば、農業や飲食用のホワイト勝利エネルギー装置を使った場合、農業のハウスで使うと、育ちがよく収穫量が上がり美味しくなり、冷凍冷蔵にも使え、鮮度も1ヶ月くらい保ったままでレタスも1ヶ月くらい食感は変わらないそうです。

また、車の燃焼効率が上がったり排ガスも減らせるそうです。

 

超微振動ですが、ザックリとしたイメージとしては、人間の血液やリンパを、自然の川の流れに例えると、川に流れがなかったら、水は腐ってしまいます。

流れがあったり、微振動があると水は活性化します。

ペットボトルの底を叩くだけで、水のクラスターが細かくなり活性化し飲みやすく波動が高い水になったりします。

ホワイト量子エネルギー勾玉「たまゆら」には、伊勢神宮と出雲大社の聖水で洗いました水晶が入っています。そこにホワイト量子エネルギーのゼロ磁場発生体が埋め込まれています。

厳選セレクトしたデザイン10点の中から、お好きなデザインをお選びいただき受注生産となります。

いやしの村わくわくショップ

【受注生産・送料無料】ホワイトエネルギー勾玉ペンダント「たまゆら」(手作り一点もの) 勾玉ペンダント「たまゆら」 いやし…

ホワイト量子エネルギー地球の地磁気エネルギー
最新情報をチェックしよう!
>いやしの村 喜楽楽(きらら)

いやしの村 喜楽楽(きらら)

いやしの村喜楽楽は、いやしの村構想「すべてはひとつ 愛・喜びと自由の大調和」な世界を実現する第一歩として、中西研二氏が呼びかけ賛同した仲間たちの協力でできた施設です。

CTR IMG